Le Petit Luxeのお菓子

年間スケジュール

初級コース 5月

ドゥ・エクレール(パッション・フランボワーズ)

ドゥ・エクレール(パッション・フランボワーズ)
ドゥ・エクレール(パッション・フランボワーズ)

稲妻という意味のエクレアは、生地を焼いて冷ましたらすぐにクリームをつめて仕上げることから、この名前がついたとも言われています。固く焼きあげたパリッとした生地となめらかなクリームの組み合わせは、フランスはもちろん日本でも愛されてやまないお菓子ではないでしょうか??
今回は春らしく、酸味の効いたパッションフルーツとフランボワーズを使ったエクレアです。中のクリームはもちろん、上にかけるフォンダンにも果汁を加えて彩りを華やかにしました。シュー生地の食感となめらかで酸味の効いたクリームとのハーモニーをお楽しみ下さい。お持ち帰りは各5本づつ、合計10本になります。

パッッションフルーツ
パッッションフルーツ

 パッションフルーツの「パッション」は「情熱」という意味ですが、「キリストの受難」という意味もあります。パッションフルーツの花のオシベとメシベの形が十字架にかけられたキリストの姿を連想させることから名付けられたと言われています。和名では果物時計草といい、その言葉通り花の形は文字盤、3本のメシベが時針・分針・秒針の様に見える そうです。
 日本では沖縄で栽培され、最近ではネット販売でも良く見かけるようになりました。とても酸っぱいフルーツですが、食物繊維やビタミンCが豊富です。今回は手に入りやすい市販の冷凍ピューレを使いました。

Copyright (C) 2013 Le Petit Luxe. All Rights Reserved.
トップページに戻る